独身生活のため運動は欠かせません「毎日1万歩」歩くには?

今週のお題「運動不足」

今週のお題ということで運動不足というテーマでお話をいたします。

 

運動不足といいますか、なにをしているかお話します。

これより独身で生涯を迎えていくにあたり動けるという本当に価値があることだし、必須でありますので今から意識を高めていくことはとても重要です。

 

私は毎日一万歩以上歩くように決めています。

 

毎日です。

 

仕事があってもなくても、雨の日も風の日も雪の日も歩きます。

 

毎日一万歩歩いて1年経ちました。体重もしっかり適正で保っています。

非常に健康に過ごさせて頂いていますありがたいことです。

 

毎日一万歩歩くコツは何かということです。

 

それはきちんと計るということです。

スマートウォッチやスマホ歩数計を利用して必ず利用します。

 

仕事がある日はかなり動くのですが、休みや忙しくない日などは前の日あんだけ動いたから、いいやと思ってだらけてしまいます。

 

スマートウォッチはスマホがあると数値で表れるので、歩かなきゃ、となります。

 

雨の日どうしてんの?

 

家の中を歩きます。そんな広くないよと言われるかもしれませんが私の家はワンルームです。

 

ひたすら往復します。音楽を聴いたりタブレットで本を読んだり、勉強したり楽しんだりしながら運動しています。

 

必ず数値に表すというのはポイントです。感覚とかでやってるといつのまにか忘れて絶対にやらなくなってしまいます。

 

腰痛や肩こりというのは動かない病気と言われています。勝間和代さんはこれを不動病と言っています。

 

年をとった時になるべく元気でいられるかは、今の頑張りによると思っています。

 

寿命が長いのは興味ありませんが病気で寝たきりになったり苦しんだりするのはかなりまずいと自覚していますので、迷惑かけないようにしたいなと思っています。

 

独身ですが、積極的に様々な集まりに顔を出しています。これは、社会的なつながりを持っている方が暮らしやすくなるということです。

 

かといって家族が常にいる状態は依存しあうということになり、まして家族がいたからといって仲がいいわけでもありませんし、最後まで面倒見てくれるかも誰もわかりません。

 

その点独身の人は自分で自分の面倒をみるしかないことはわかりきっていますので対策を早くからできます。

 

それがこの運動だったり地域とのコミュニケーションだったりします。

 

家事洗濯全て自分一人なので、それも運動の一環だと思って楽しんでいます。

 

先日あるお葬式で、お父さんが亡くなったんですが、子供達はお葬式を済ませておいてと葬儀会社さんに頼んだと言う案件がありました。

(知人から聞いた話)

 

世知辛いこの現代においては、家庭を持つというのもよくよく考えなければいけない、場合によってはない方が最後は良かったと思う時代がすぐそこまで来ているのかもしれません。