【貧困専業主婦】専業主婦は戦後から登場!高度経済成長期でしか成り立たない。

 

 

世帯所得が貧困レベルなのに働かない貧困専業主婦が急増!

 

これからの社会専業主婦は成り立たなくなってくる社会になるでしょう。

 

そもそも専業主婦というのはとても特殊な環境においてでしか成り立たないということをしっかり理解しなければいけません。

 

我が国においても専業主婦という特殊な職業ができたのは戦後です。それも工業化社会そして高度経済成長期という好景気においてでしか成り立たないのです。

 

つまり高度経済成長期そしてバブル期までの非常に短い期間、旦那の給料だけで家族全員養っていけたと言う状況においてのみです。

 

都市化が進み人口が増えたため郊外に住まなければいけなくなり、その過程で女性が仕事をする機会を失いだったら子育てに専念をしよう、ということで生まれてきました。

 

時は1950年から60年、これ以降に出てきました。

 

というわけで高度経済成長期のような毎年賃金が上がっていくような時代にしかマッチしないのです。今全く逆で毎年賃金が下がっていくような時代です。

 

実際、最近は専業主婦の貧困というのが話題になっています。それはそうです。

旦那の稼ぎだけでやっていくということ自体が今の世の中無理になってきています。

 

今は子供を養うことですら難しいのです。

 

働かないで家に入れたというのは特権階級の貴族のみです。しかもその貴族の奥様は使用人のマネージメントが主な仕事でした。

 

子育ても掃除も食事も全て使用人が行う、自分は社交界や食事会などそういうのも含めて全て仕事です。

 

一般庶民においてはもちろん家の家業を手伝うとが当たり前、子育てが大変だと言っていますが江戸時代の奥様方は農作業しながら子育てしたのです。

 

むしろ奥様方の方が稼いでいた地方もあったようです。かかあ天下という言葉は奥様の方が稼いでいたというのが由来だそうです。

 

その代わり子育てというのは地域全員で行いました。工業化の核家族化によって失われてしまったのはこの地域のつながりです。

 

もちろん両親も含めてみんなで子育てをするという意識を持たなければ、自分で子育てをしなければいけないという価値観に縛られ、出来もしない旦那を引きずり回し孤独に子育てをすることはどれほど不幸なことか

 

しかし、そんなに社会はすぐには変わりませんので私は今の状況下では独身が一番いいと思っていますので男性の皆さんはその辺含めて考えてください。

 

未だに昭和の価値観を持っている女性が本当に多く、良い悪いとかではなく、結婚すると本当に貧困に落ちるので、しない方が賢明かなと思います。

 

修学旅行にも行かせられないと動画にはありました、そんな時代なのかと改めて感じる次第です。

 

お金がある方はまだいいと思うんですが、ちゃんと自立心があるというか、柔軟な考えを持っている人が相手としてはうまくいくかもしれませんね。

 

f:id:yukino8873:20201012225217j:plain

 

 

 

もしよろしければ、ブックマーク、星、お願い致します。 Twitterもやっております。1万フォロー突入しました。 ↓↓↓↓↓