国民総貧乏の国に成り果てた日本【一人生きていくので精一杯】

【これが現実!】日本総貧乏!たとえ年収200万円時代でも賢く生き抜いていこう!

 

ついに国民総貧乏国家になりつつある今日この頃いかがお過ごしでしょうか。

この動画にあるように年収200万っていう人が本当にたくさんいます。

 

経営者も何も考えていない人ばかりで、自分の組織を維持するがために若い人を使い潰し安月給で働かせています。

 

若い時は安いの当たり前だと言っているそこのあなた!この動画でもありましたよね10年後も給料変わらないかもしれないこの事実!

 

ここがまさに恐ろしいポイントです。

 

最近は結婚しちゃダメというお話ばかりしてきましたが、それどころじゃないのが現状です。

 

将来の見通しが全然立たないので、若い人にできることはこの安い給料でなんとかやっていく方法を考えることしかありません。

 

20代の6割の人が貯金できていないっていう事実からも恐ろしい時代なので改めて感じます。今の若い子達はお金あんまり使わないですよね。というかないから使わないんでしょうか。いずれにしても6割っていうのは個人の責任じゃないですよね。

 

世の中には、いや!支出を減らすのではなく収入を上げるんだという人がいると思いますが、そんなことできるなら苦労していないのです。

 

できる人は一部残りのほとんどの人はできません。

 

だからこそできる人が活躍できるのです。

 

しかしその土台となる出来ない人達の地盤沈下が半端ないのです。

安月給でも会社にしがみついて働く方が弱者にはいいのかもしれません。

 

このような時代は実家暮らしが最強だと思います。

独身の男性の皆さん、こういう動画を参考に低収入でなんとか支出を極限まで減らして生きていく術を一緒に身につけていきましょう。

 

節約に関してはもうたくさんの人が書いていますのでそれを参考にしていただければと思います。

 

後は投資ですよね。ドルコスト平均法など弱者にぴったりな投資法がありますのでそれを勝間和代さんなどの書籍を読んだりすれば身につきます。

 

それもこれも皆書いています。ここではもっと支出を減らすための方法をいつもと同じですが再確認してきます。

 

生命保険はいらない

 

マイホームはいらない

 

車はいらない(なるべく)

 

家族ももたない

 

これを徹底する覚悟を持ちましょう。

マイホーム?賃貸?いや実家暮らし最強です。

 

子供部屋おじさん?上等じゃないですか投資に貯蓄を駆使して最後見返してやればいいのです。

 

人間棺桶に入るまで何があるかわからないものです。

 

私は介護の時いい距離を保てるかなと思って入りので一人暮らしですが、実家に入れば良かったと若干後悔。

 

我々は弱者です。弱者が強者の動画を見て、俺も出来るんだと煽られてチャレンジするのはなかなか難しいことだと思います。

 

弱者は弱者の戦い方があります。

 

昔みたいに企業が個人に対してすべてを提供してくれる時代は終わりました。企業にもそんな余力はありません。

 

私は仕事柄、地方の会社経営の方針を聞くことがありますが

 

どこもかしこも人手不足ばっかり言って人手が無くてもなんとかできるシステムを作ろう、何て言う経営者一人も見たことありません

 

どうしようどうしようと言って若い奴が情けない体と喚き散らしなんにもしない人ばかりです。

 

ますますお給料は下がっていきます。だけど仕事やめられない、やめて次移っても結局同じレベルで似たり寄ったり。

 

とにかく今できることはお金を使わないで生きていき多少残ったお金で投資へ回し将来に備えるということでしょう。

終活の講師として活躍できる