呪いたいくらい嫌っているのに離婚しない理由【旦那デスノート】

danna-shine.com

 

今回も旦那デスノートについて見てきたいと思います。これであなたも婚活する意欲を失うと思います。

 

人間というのは環境の変化を嫌うものです、皆さんなぜ離婚しないのかと思いますが、これができないんですよ。

 

おそらく逆の立場であれば同じような振る舞いをしてしまうと思います。なぜそうなるかはまた後ほど書くといたしまして、おぞましいコメント見ていきましょう。

 

結婚したらこうなりますよ(ふふっ)

 

早く死んでくれ。 毎日事故、即死の電話がかかってこないか、ドキドキしてるのに、平然とウチに帰ってくる。同じ空気吸うのもやだ‼️ 頼むから死んでくれ。 毎日ロキソニン 三錠入りのコーヒー飲んでるのに、平然としてる。馬鹿なのか?早く死神様お願いします。お願いします。

 

初手からやばいです。こんなに憎まれる事って人生あるんですね。独身でいたら絶対ないですよこんなこと。

 

頭痛がするとか言って、ロキソニン飲んでいきました。効かないでいいから、早くあの世に逝って欲しい。毎日毎日願っているのに。早くあの世に逝って。我が家に帰るな。生きて帰るな。私と子供の元に帰るな

 

独身男性の皆さん、女性は子供が出来れば男性はいらないのです。さっさと逃げるのが勝ちだと思いますよ。

 

なんか、疲れた。 毎日毎日、好きでもない、クソ旦那のご飯作ったり弁当作って食べた食器も洗って…クソ旦那の服を洗濯機かけて干してアイロンして…って。 そのくせ自分は、食べたら寝て、黙って仕事いく。 部屋は脱ぎっぱなしで、お茶も冷蔵庫に戻さずそのまま放置。 あげく、毎度トイレの扉は開けっぱなし。毎度あたしが閉めてるの、のんでかわかってないわけ? ばかなの? あほなの? 全部自分のこと、てめーでやってみろや! こいつのために何かしてやるっていうのが、本当に、苦痛。 見返りないし、金ないし。 53じゃまだ死なないか…。 あと何年、この我慢の生活したらいいんだろう。 もう死んでほしい。 我慢できるか、あたしが疲れてギブアップするか…旦那が死ぬか…。 こういう奴ほど長生きするだろうな…。 早く逝かないかなー

 

マジでどうでもいいことで怒ってますねこの人。結婚なんかするんじゃないですね。

 

ここ来ると、うちより酷い旦那もいっぱいいるんだなーと実感……。働いてるだけましなのかな…。お互い無関心だから、会話もないし。死神さま、後回しでもいいので、順番待つので、うちの旦那も殺してください。お願いします。

 

会話がないという夫婦は多いです。話すことももうないでしょう。別れるのが一番なんですがそれが一番リスク高いのをよくわかってるんですよね。

 

大事なのは一人でもやっていけるスキルをきちんと磨いておくことです。それを怠った結果がこのザマです。

 

旅行から無事に帰ってきやがった⤵︎⤵︎⤵︎⤵︎⤵︎⤵︎⤵︎ 死神様、次のチャンスはいつ?? あいつがいる限り私も子供たちも幸せになれない。 娘は父親が「苦しい思いしながら死んで欲しい」とまでいっている。 でも、もうなんでもいいから早く死んでくれ!! コロナ禍の中、簡単に済ませたいからお早めに

 これあれですね母親が典型的に娘に父親を追い出すようなことを吹聴した結果娘が嫌いになっちゃったっていうやつですね。

 

人間は縄張り争いをするものですから仲間を増やすのです。

 

日本というのは大戦略の上、世界観と言いますが、変えられない法則みたいなのがあります。

 

国家を保つために基本的に決めた方針は絶対に変えないという硬直性がありまして、どんな圧力にも屈しない強さを持っています。

 

時代が大きく動くまではやり方は変更せずに続けることで成長を行うというのが日本の世界観です。

 

つまり良くも悪くも同じ体制がずっと維持されるのです。

 

・ 基本的に一度決めたことは、よほどのことがない限りは変えません。

・ どんなことがあっても中の構造を変えることによって決めた方針を守ります。

 

こういう国家的な価値観があるため、一度結婚すると離婚をするよりは憎しみ合い罵り合いながらも家族を演じ続けるほうがリスクは少ないと判断します。

 

一人になった方が経済的にも大変で、特に日本人は村八分にされると生きていけないのはよく分かっています。

 

確かにシングルマザーの貧困はただならぬ状況です。

 

それなのに今1/3が離婚してるという状況は、よほど家族という制度がうまくいっていない、ということです。

 

制度を変えない理由は責任感の強さにもあります。日本人は責任感が強いです。だからこそ責任逃れも人一倍強い。

 

今まであったことを変えた人に対して非常にその責任を追及するのです。これも一度決めた制度には逆らわないという日本人が代々積み重ねてきた習慣のひとつです。

 

何回考えても死んでほしいとしか思わない。 この間事故りそうだったらしいが、 なぜそのまま事故って即死しなかった? 生きてても邪魔なだけだから早く死ね! 気持ち悪いクソが。

 

こんな家族間でも離婚した方がやばいと思ってるんだと思います。

 

もう一度いいます。決めたことは変えられないのが日本人です。結婚してしまったら最期、離婚できるかもしれませんがかなりのダメージを負うことは必須です。

 

しかもできるだけしないように中の構造を変えながら、仲悪くても、喋らなくなっても同じ空間にいるのが嫌になっても、なんとか家族を維持しようとします。

 

それでもダメだってなって離婚になるので、するだけ無駄だと思います。

 

結論はそもそも結婚というフィールドに立たないことが正解です。

 

電話占いヴェルニ