弱き者はさらに弱い者をいじめる【関わってはいけない人】

関わってはいけない人【メンタル崩壊】あなたの周りにもいるはず

 

・他人を利用して気持ち良くなる人

・価値観を押し付ける人

 

こういう人いますよね〜

というわけで、コメント欄でみなさんの意見を引用していきます。

 

最後の、自分を変えるしかないという言葉に共感しました。私は今まさに関わってはいけない人が周りにいて自分の人生を左右されるほど、毎日毎日ろくに眠れなくなるなどメンタルを破壊されるほど苦しみ続けています。

でも、ある日私はそれでいいのだろうか、とかこのままだと自分が駄目になってしまうことに気が付き、環境を変えても、自分が自分の道を切り拓いていくしかないことに気付きました。なので、今はそれに向かって邁進中です。少しずつでも今の状況から良くなればいいなと思っています。いつも動画配信みてます。辛い時、苦しい時にほんと支えになります。

 

 

マウンティングする人、感情的に切れる。いつも不機嫌疲れますよね。。。。。。同感です。

 

若い頃の仕事場で「あんたのせいで大変だ」と延々と言ってくる奴いたな........ 相手に罪悪感抱かせながら、ディスるとんでもない奴だったんだと、年取ってからわかってきた........

 

オンラインの仕事、もっと普及して欲しい........ なるべく人と関わりたくない........ 人は変われません、人間関係が全て苦しめる、関わりたくない

 

 

マウンティング人間、自慢する、感情的にキレる、価値観を押しつける、大嫌いな奴等にもろ当てはまります。いじめした女、それをえこひいきしてかばい立てする元母。いじめられたことが原因で、元母と絶縁したので、もう2度と会うことないけど、やっぱり許せない気持ちがあります

 

母親など両親あげる人も結構いました。人は常に不安に対して敏感です。草むらに虎が潜んでいるかもしれない、と不安がって生き残ってきたためです。

 

子供が自分の存在を脅かすという不安を解消するためにマウンティングしてきます。親孝行という言葉を今一度考える必要があると思います。

 

逆ピラミッドの現在で、親の介護で人生を台無しにする人がこれからもっと増えてくると思います。

さて・・・・

 関わってはいけない人というのは、一定数いますが、この手の動画や本を見ていて思うのが、自分はどう思われているのだろうか、ということです。


私も含めて、みんなこの手の人を言われるとパッと思いつくのは必ず他人です。あっ自分だ!という人はおそらく一人もいないでしょう。

 

私自身、気が弱い体質なので他人に強く言えないのですが、それも気が弱いから人にはマウンティングしていない、という言い訳だと思います。

 

弱き者はさらに弱い者をいじめる、きっと気づかないところでもっと立場の弱い人に苛立っている、何かその気がなくてもそう取られてしまう事を言っている可能性は大いにあります。

 

皆、被害者であり加害者、それぞれ場面によって役割を変えながら人生を生きているのです。