非正規雇用が増え続ける国で結婚は贅沢

【婚活】最もお見合いが成約する男性の年収は500~600万円と判明!非正規年収300万以下は検索で弾かれる・・・【お見合い白書】【少子化

 

日本の非正規雇用は全体の労働者の1/3、これはますます増えてくると予想します。そうすると平均年収はまたまた下がり、正社員というものが貴族階級になります。

 

なかなかお見合いなども成立しない、そもそも結婚してたらお金が足りなくなってしまうので、選択肢になくなるでしょう。

 

一人で生きていくのもギリギリなのですから独身でいようと思うのは当然だと思います。

 

問題はこれから先、ますます厳しくなるだろうという予測があるため、みんな守りに入ってしまいます。

 

正社員でラッキーかと言えばそうでもないと思います。非正規の方が責任は軽くなるので、生活は苦しいですがきちんとコントロールできればまだストレスはないと思います。

 

しかし正社員は、どんどん人が削られて責任だけ重くなり作業量も増え挙句の果てに、徐々に税金が増え、手取りは減っていくと予測されます。

 

こんな時代はなるべくコンパクトに生きていく身動きが取りやすいような状態にしておくのが得策だと思いますので非正規で生きていくのも悪くない選択だと思います。

 

ただしその場合はしっかりと老後の備えたのができるような制度設計を自分でしていかなければいけない、そのためには結婚しない家を持たないといった当たり前のモデルを転換し、捨てるものを数えて行かなければいけないでしょう。

 

それではこちらの動画のコメント欄を引用してきます。

 

本来ならそれ以上に年収が上がっていてもおかしくない。 年収が下がっていることが世界的に異常。 バブル崩壊後からの政治をみると理由は明らかですね。

 

 

なるほど、上級国民がいかに金を回したくないのかよくわかる。 下級が貧困に陥れば、お金でなんでも言う事をきく従順な奴隷になる。 だから日本の嘘つき政府は、金を市民に流さないんだね。上級のためなら金を刷りまくって支えるのに。

 

こういう記事を見ると、少子化の根本的原因は緊縮財政にあると思う。 緊縮財政を続けると、デフレになり、経済状況が悪化しやすくなり、お金の流れが滞り、基本給が上がりにくくなる。 基本給が上がらないと、貯金にお金を回す余裕が無くなり、自分の生活だけで手一杯になる。 その結果、そもそも結婚が出来なかったり、結婚しても子どもを産み育てる余裕がなくなる。 緊縮財政をやめさせた方が、日本にとって有益なのではないか

 

正社員で三十代年収300万円代で婚活して良い扱いされなかったからきっぱり諦めて家買った、今年五十歳になって家のローンももうすぐ終わる、今は年収400万円代で一人なら十分満足した生活送れてるから結果オーライだったと思ってる

 

女性にかなり上位の方である年収500万の代わりに一体何が提供出来るか語ってもらいたいですね。そこまで上位を狙うからには自分に他の女性ではなかなか出来ない何かしら上位の魅力があるのでしょう。 真面目で優しく安心とのことですがこれは【年収500万クラスでさらに】真面目で優しく安心という意味でしょうからね。相当ハイスペックだと思います。少子化は止まりそうにありませんね。

 

これもバブル世代や団塊世代のライフモデルを子供に期待する事が間違いって気づいてない典型だわ。結婚→子供→マイホーム?どこのおとぎばなしかな?

 

 

yukino8873.hatenablog.com