私たちは奴隷になるよう教育されているが、奴隷でいられるかすらわからない

なぜ我々は西野亮廣さん、のようになれないのか

 

堀江貴文さんや、西野亮廣さん、中田敦彦さん、名だたるひとは今自由に生きている

 

「好きなことを仕事に」

 

こういったコンセプトで、複数の仕事をもち、なんでも仕事をする、という時代から、仕事を選ぶ、という時代になっているのは間違い無いでしょう。

 

でも・・・

 

なぜ、我々は彼らのいうことに、、一抹の違和感があるのか、なぜ、我々は自由ではないのか

 

それはそもそも彼らは我々の目指すべき上にいない、いわば隣の自由空間のなかで戦っているからだ。

 

我々は奴隷から始まり高級奴隷になることを目指していますし、そういうふうに大人たちから教えられています。

 

しかし、その隣には自由世界、投資家や経営者、ユーチューバーといった好きなこと、やりたいことに時間を使っている人たちがいる。

 

だから、我々は彼らが羨ましい、奴隷にはない自由がある、しかし、ああはなれない、と同時に思う。

 

 

    奴隷世界        自由世界

 

   高級奴隷    |    投資家

                                         |              経営者

                                         |            YouTuberなどクリエイター

    奴隷     |    個人事業主

  (会社員、公務員)

 

 

なぜ、我々は奴隷となることを選ぶのか、それは最低限生きていくことができるからである。自由世界は圧倒的に実力世界、厳しい理不尽にも晒されて下手をすれば全てを失う。

 

 

この恐怖から「だったら奴隷の方がいい」ということで、誰かがしたい仕事の手伝いをする、会社員、公務員に落ち着いてしまうのです。

 

さらに厄介なのは、親世代までは高度成長期、バブル、とパイが増えていく時代ででした。

 

だから、レールに乗って結婚して、マイホームを買って、車を買って、会社を引退いたら悠々自適、そんな人生を経験してしまった。

 

最高の高級奴隷が誕生したのです。

 

だから、みな善意で高級奴隷を目指して頑張れ、というのです。ここから外れると危ない、危険だ、そうなるのです。

 

しかし、時代は変わりました。

 

30年デフレに陥り、日本の成長は止まり、さらに困ったことに人手不足で定年延長、なのに、45歳以上はリストラ対象になる、そんな無茶苦茶な時代に入ってきました。

 

つまり、高級奴隷までのエスカレーターが壊れ始めたのです。

 

ずっとこの先、底辺の奴隷を続けるのか、そもそも奴隷でいることすらできないかもしれない・・・・

 

あれ・・・・・

 

親が言ってたことと違うぞ・・・・・銀行も危ない、官僚も年々退職者が増えている、

トヨタですら定年が保証されない・・・・

 

ただ時代が変わっていくならまだ良かったのですが、ここで私が一番問題だと思う事態が起こります。

 

30年デフレだったので、高級奴隷を抱える企業は若い奴隷を雇わない、高級奴隷の全体パイが減る上に、上が退かないので詰まっている。

 

何もしない年寄りが権力を持って若者にパワハラする、構造が出てきます。

 

人は他人のためになんて動かない、政治を見ていればそれは明らかです。

 

何もできない経営者は、ただ人を減らして利益を守って、未来への投資を怠った、その結果、何もしたくない頭脳が老人の人たちばかりの集団になり、若い奴隷を使い潰し始めました。

 

企業を良くしたいのではなく死にゆくのを生きながらえさせるためだけに若い人を雇い使い潰す。

 

 

時代が変わっているのに新陳代謝が進まない、これこそ日本の最大の不幸

 

しかも、相変わらず善意で若い時は頑張らなあかん、とか言って若い人を自分たちが給料をもらいたいためだけに無自覚に使い潰す、

 

これを自己責任と言う、これはあんまりではないでしょうか。

 

だから

 

目先きく人は横の自由な世界へと流れていく、今時代を動かしている人、目立っている西野さん、堀江さん、中田さん、みな個人を中心として、活動している人たちばかりだ。

 

変化に対応できる人、組織である。

 

堀江さんたちがなぜこちらに来ないのか、と疑問を投げかけている場面をよく見かけるが、みんな安定した高級奴隷になるように教育されている、それが素晴らしいんだ、という価値観を持っているためである。

 

もう、高級奴隷にはなれないのではないか、

 

この不安、こそが日本を暗くしていう原因なのではないかと感じている。

 

自由な世界で勝ち残るには、実力、いや、実力以上に運も必要、よほどの才覚がないと難しいでしょう。

 

なので、これからは奴隷と自由な人、との組み合わせが大事になってきます。もしくは非正規であれば

 

実際に多くの人が副業としてYouTubeをされたり、他の仕事もし始めています。

 

今の仕事が上の人達が生き残るためだけに使われ、新しいテクノロジーを受け入れない場所であれば、沈没する可能性は大きいし、何よりストレスが半端ない、健康を蝕むはずだ。

 

収入がなければ何かを諦め、他へ投資する、その人に合った生き方を自分で見つけなければいけない。

 

やってはいけないのは、奥さんが家が欲しいから、と言ってマイホームを建てる、など、決して安易に流されてはいけない。

 

冬の時代を生き残れ!