独活

虚しいだけの人生・・終わり方を考えよう【独活】

白骨の章 何をしても所詮無意味 家族がいたところで虚しい 孤独に死んでいく準備を 白骨の章 それ、世間のことがらの浮々(うかうか)として定まりの無いありさまをよくよく考えて見ますと、およそ何が儚(はかな)いかと言って、人間の生まれてから死ぬまで…